茶屋町

旧能勢街道沿いに発展したまち

 茶屋町は、東は鶴野町、西は芝田一丁目、南は角田町、北は豊崎に囲まれた地域です。明治30年(1897)4月1日に、西成郡北野村が北区に編入されて大字北野となり、明治33年(1900)4月に大字改編で北野は18大字に分割され、その一つの町名として北野茶屋町が誕生しました。さらに大正13年(1924)6月1日の町名改正で北野の冠称を廃して茶屋町となり、昭和53年(1978)に一部が角田町として分離し、鶴野町や芝田町、小深町のそれぞれ一部を編入して現在に至っています。

 

  町名の由来は、茶屋町を南北に縦断する旧能勢街道(池田街道)に、3軒の茶屋(「鶴乃茶屋」、「萩乃茶屋」、「車乃茶屋」)があったことに由来します(鶴野町も同様)。明治初期はこの一帯は広々とした田園で、お茶屋が点在し、大阪の旦那衆が風情を楽しむ憩いの場でした。また、明治22年(1889)には当時としては画期的な木造9階建ての楼閣・「凌雲閣」が建てられていました。 

 明治後期には住宅化が進み、大正、昭和にかけてはメリヤスの工場が多く建ち並んでいました。

 

  そうした茶屋町の変遷を明治の初年頃から見守ってきたのが綱敷天神社御旅社です。この御旅社は、綱敷天神社御本社(大阪市北区神山町)に鎮座される神が、夏の渡御祭の際にお休みになられるための社で、茶屋町に氏神として迎えたのが始まりです。現在の社殿は昭和59年(1984)に旧社殿の老朽化と、度重なる淀川の洪水から御神体をお守りするために建て直されたものです。今も昔も変わらず梅田東のまちの信仰の要としての役割を担っています。

活気のあるファッションの発信エリアに

 昭和16年(1941)に勃発した太平洋戦争から茶屋町も時代の渦に巻き込まれ、大阪大空襲で多くのものが失われました。戦後の茶屋町は、周辺の賑いとは異なり、老朽化した下町情緒残るまちとして時を刻んでいましたが、昭和44年(1969)に新御堂筋が茶屋町の東側に開通したことに伴い、それまでの住宅街や産業地域から変貌し始めました。いわゆる都心部のドーナツ化現象が進み、人口の減少が加速化していきました。

 

 やがて平成の時代に入った頃から再開発が始まりました。開発の気運の高まりとともに、平成元年(1989)、大阪市立梅田東小学校が閉校し、毎日放送社屋、梅田ロフトが開業しました。平成4年(1992)には、劇場・ホテルを備えるちゃやまちアプローズなどが竣工したことにより一気に繁華街化へ拍車がかかりました。

 

 平成10年(1998)、茶屋町市街地再開発事業が都市計画として決定されたことで、平成17年(2005)にNU茶屋町が開業するなど開発がさらに進みました。平成18年(2006)には、昭和54年(1979)に開業した大阪東急ホテルが閉館し、平成22年(2010)に跡地にチャスカ茶屋町が誕生しています。

 

 平成23年(2011)3月には、生涯学習や研修の場「梅田東学習ルーム」として活用されていた梅田東小学校跡地の売却が決定ました。大阪工業大学などを運営する学校法人常翔学園による教育関連施設の建設が進み平成28年(2016)秋に竣工予定です。

 

 茶屋町は、辺鄙な里から明治時代には一大レジャー地、そして人が住むまちになったものの、戦後は長く開発の波から取り残されていましたが、ここ20年余りの再開発ラッシュで、ファッションビルが立ち並び、目まぐるしく変化する目が離せないまちとして進化し続けています。

先進性と賑わいを創出する茶屋町スポット

アプローズタワー
アプローズタワー
梅田芸術劇場
梅田芸術劇場
ホテル阪急インターナショナル
ホテル阪急インターナショナル

アプローズタワー

 平成4年(1992)11月に竣工した超高層ビルで、ビルの正式名称は阪急茶屋町ビルディングです。地上34階地下3階 塔屋3階で、ちゃやまちアプローズなど、複合商業施設として賑わいをみせています。

梅田芸術劇場

 メインホールとシアター・ドラマシティの2つの劇場があり、ミュージカルや宝塚歌劇などの自主公演をはじめ、演劇・コンサート・ミュージカルなどの多彩な公演を行っています。

ホテル阪急インターナショナル

  阪急阪神第一ホテルグループの、SUPREME(最高級)を追求するラグジュアリーホテルです。高層階客室からの眺望には定評があります。

NU茶屋町プラス 
NU茶屋町プラス 
梅田ロフト
梅田ロフト
チャスカ茶屋町
チャスカ茶屋町

NU茶屋町

 平成17年(2005)10月に開業したファッションビルの一つです。ファッションやレストラン、タワーレコードなど約75店舗ほどのテナントが入っています。「NU」の名称は、「North」(英語の北)と「Umeda」の頭文字からきています。

NU茶屋町プラス 

 平成23年(2011)4月、NU茶屋町の向かいに開業した商業ビルです。レディス&メンズファンションからファッショングッズ & 雑貨、書店、インテリアなどの生活用品までバラエティ豊かなテナントが入っています。

梅田ロフト

茶屋町再開発の一環として、平成2年(1990)5月に開業しています。こだわりのある生活雑貨を中心にハンドメイド用品など品ぞろえも充実、ミニシアター「テアトル梅田」を併設しています。平成23年(2011)にリニューアルオープンしています。

チャスカ茶屋町

 平成22年(2010)に建築家の安藤忠雄氏が外観デザインを設計した複合施設(地上23階、地下2階建)です。コンセプトはホテル・マンション・商業施設で構成される「複合立体融合都市」で、「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」やウェディングホテル「アルモニーアンブラッセ大阪」、ナガサワ文具センター「NAGASAWA 梅田茶屋町店」などが入居し、12階から21階はチャスカ茶屋町レジデンスとなっています。

  

茶屋町と共に歩んできた企業 

ヤンマー株式会社
ヤンマー株式会社
株式会社毎日放送(MBS)
株式会社毎日放送(MBS)

創業者の精神を未来へ引き継ぐ ■ヤンマー株式会社

 明治45年(1912)3月、山岡発動機工作所(創業者:山岡孫吉)として創業した会社です。昭和8年(1933)に、小型ディーゼルエンジンの自社開発に成功し、以後、中・高速型のディーゼルエンジンとその工業製品で業績を伸ばしてきました。昭和27年(1952)にヤンマーディーゼル(株)に社名変更し、新規事業にも参入し、さらにグローバル企業としての展開を加速させてきました。

 

 平成14年(2002)にヤンマー株式会社に社名を変更。平成24年(2012)には創業100周年を迎えました。

 

 テレビで放送された「ヤン坊マー坊天気予報」は多くの人に親しまれ、「ヤン坊マー坊」は今でも人気の高いマスコットキャラクターです。

文化を生み出す「人の集まる放送局」 ■株式会社毎日放送(MBS)

 平成2年(1990)9月、毎日放送(MBS) は茶屋町に15階建ての新本社・放送センターが完成し移転してきています。

 

 昭和25年(1950)に「新日本放送株式会社」として天神橋七丁目に仮スタジオと研修センターを置いたのが始まりで、大阪で民間ラジオ放送の第一声を発した日本のラジオ業界のパイオニアです。

 

 昭和33年(1958)に現在の社名に改称し、翌年にはテレビジョン本放送を開始しています。

 

 平成23年(2011)には、開局60周年を迎え、平成25年(2013)には新館の竣工によって分散していた制作拠点と経営資源を集約し、合わせて現本館も「茶屋町で遊ぼう!」というコンセプトで改修中、平成26年(2014)春にグランドオープン予定です。